一升餅などは通販サイトがおすすめ~思いを込めた贈り物~

ギフト

時代に合わせて

いつ返す、なにがいい、今どきの香典返し

香典返し

毎日の生活の中ではあまり身近にはないことのひとつに、葬儀にまつわるあれこれがあります。自分自身が当事者となりいろいろと手配をするなんて、普段から考えている人はそんなに多くはないはずです。 その中でも、香典返しは悩ましいもののひとつです。 まずはそのお返しをする時期です。一般的には四十九日の忌明けが目安となっています。また、その際付けるのし紙の付け方や書き方など地域や仏式か神式などでいろいろと変わってきます。 それから、とても気になるのが香典返しの予算です。これは、いただいた金額の半分から三分の一くらいを目安にします。このように半分の金額を返すことを半返しと言います。香典を頂いた方全員に同じものを香典返しとして贈る場合もありますが、頂いた金額に応じて三段階位の品物を用意してそれぞれ金額にあったものを返す場合もあります。

最近はこんな便利なサービスがあるんです

香典返しとなると、頂いた香典の金額によって品物を用意してそれぞれ贈ることになるのですが、これが結構な手間となります。 品物としては不祝儀のお返しなので、洗剤やせっけん、好き嫌いの少ないお茶など、あとに残らないもの、消えてなくなるものが良いとされています。他には実用品としてタオルやマットなど日用品なども好まれるようです。 そんな中、最近では香典返し用のカタログギフトがとても便利です。これは画一的な品物ではなく、贈られた方がカタログの中から好きな商品を選べるし、時間や場所も選びません。 デパートなどのカタログギフトは金額も種類も豊富で、しかも直接店舗での注文もできますが最近ではインターネットでの注文も出来ます。 ぜひ、活用してはいかがでしょうか。